健康

人体を壊すヤバい糖質食品ベスト5(後編)

Pocket

 

今日も1日お疲れちゃ〜ん。

横ちゃん(@yokota1211)です。

 

 

今日は「健康」について、先日の記事の続編です。

人体を壊すヤバい糖質食品ベスト5(後編)

てわけで〜。

 

 

なんで糖質が人体にとって悪影響を及ぼすの?

的な話は、こちらの記事を読んで頂いて〜♪

(お目通ししたらまた戻ってきてね。)

↓↓↓

人体を壊すヤバい糖質食品ベスト5(前編) 今日も1日お疲れちゃ〜ん。 横ちゃん(@yokota1211)です。 今日は「健康」のお話よ、お久し...

 

 

で、今日は前回の記事の続き。

人体を壊すヤバい糖質食品トップ3

を僕と一緒に楽しく学んでいこうではないか〜!

 

よこちゃん

アンチエイジングに必死なアラフォーです。

らぶどくん

甘いモノが大好きな中年w

 

人体を壊すヤバい糖質、TOP3の発表〜!

んじゃ

「人体を壊すヤバい糖質TOP3」

早速紹介してくよ〜!

 

 

※因みに今回の記事の参考となってる本はこちらです。

もっと詳しく知りたいって方は是非実際に手にとって読んでみてください。

↓↓↓

 

3位 果物

まず第3位は果物。果物といえば

”体に良さそう、ビタミンも多そう、健康に良さそう”

みたいなイメージがあります。

 

 

僕も果物は大好きでして、何かしら毎日食べております。

因みに今日は午前中にりんごとバナナを食べたよ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

そんなイメージ的にはヘルシーな印象の果物ですけども〜。

糖質に関しては多いので、食べ過ぎると結構良くないのだそうです。

 

参考までにバナナやりんごの糖質量はこんな感じ。

・バナナ50g→糖質10.7g

・りんご50g→糖質7.1g

ぐらいあるのだとか(´∀`=)

 

 

フルーツって、甘さが美味しかったりもしますし。

糖質が多いのもうなづけるんですけども〜。

 

 

ビタミン系などを多く含んでいる果物。

その「果物を食べるな!」ってわけではないようですけど(´∀`=)

 

 

ただ油断したり、調子に乗りすぎて、

果物をばかばか食べ過ぎないようにって感じのようです。

わかったか、オレよ╰(*´︶`*)╯♡

 

よこちゃん

なにぶん僕は自分に甘〜い性格ですので。

らぶどくん

うるせ〜よ。

 

2位 砂糖の入ったお菓子

人体を壊すヤバい糖質食品、第2位は

”砂糖の入ったお菓子”

読んで字の如くで、大変恐縮なんですけど〜。

 

 

「医者が教える食事術」で、砂糖の入ったお菓子が色々と紹介されてました。

その中でも、僕が個人的にピックアップしたのが

 

 

おはぎ・大福系、ショートケーキ系

 

 

です。

てか僕が好きで良く食べてるってだけですがw

 

 

よこちゃん

だって僕が書くブログですから。

らぶどくん

だったら好きに書けよ、中年小僧!

 

 

で、これらの注目の糖質量ですが

おはぎ(こしあん)100g→糖質量42.2g

豆大福85g→糖質量42.8g

ショートケーキ95g→糖質量35.5g

って感じの糖質量のようであります。

 

 

そういえば前編で

「白いごはん」も糖質が多いから気をつけよ〜!

って紹介しましたけど、お餅系もほぼ一緒っすよね。←プラスあんこ、みたいな♪

 

 

僕は会社帰りや休日に大福やつきたて餅を買って、パクパク食べるんですけど。

買う時は1個とかでなく、5〜6個ぐらい食べてるしね(´∀`=)

 

 

この糖質量の多さを眺めながら、正直ビビっております。

食べたいけど怖いよ〜_| ̄|○

 

よこちゃん

甘いものは別腹ってことでなんとか。

らぶどくん

なんとかじゃね〜よ!

 

1位 缶コーヒー、清涼飲料水、ジュース

では、いよいよ人体を壊すヤバい糖質食品の第1位。

缶コーヒー、清涼飲料水、ジュース

いわゆる液体であります。

 

 

今回、記事の参考にさせて頂いてる

「医者が教える食事術 最強の教科書」

を書かれた牧田善二先生によると、『人間が生きるために全くとる必要がない』とおっしゃっております。

 

 

なんでも「液体だから(糖の)吸収力がよすぎる」みたいな。

血糖値の急上昇を招き、いづれ膵臓の働き(インスリンを体内に分泌して血糖値を下げる)がおっつかなくなる、、、

 

 

 

 

 

 

 

そして、行き着く先は糖尿病_| ̄|○

 

 

 

 

 

 

怖いよ〜!怖いよ〜!

 

 

 

 

てね。

てか液体系に関しては、喉が渇いたら油断して結構飲んじゃうことないですか?

僕はたまにあるんですけど。

 

 

あと缶コーヒーに関しては、朝の習慣で飲んだりとか。

僕は今は缶コーヒーをほとんど飲んでませんけど、少し前までは朝は缶コーヒーって習慣だったことがあります。

あんな小さい缶で、少なそうな量なのにねw

 

 

参考までに「医者が教える食事術」の中で紹介されてる人気の缶コーヒー、清涼飲料水の糖質量をちょっとだけピックアップしますね。

 

 

・ジョージアエメラルドマウンテン210g→炭水化物14.4g

・ワンダモーニングショット185g→炭水化物12.5g

・ダイドーブレンド デミダス微糖150g→炭水化物8.2g

 

・コカコーラ500ml→炭水化物56.5g

・ポカリスエット500ml→炭水化物31g

・カルピスウォーター500ml→炭水化物55g

 

 

因みに、↑の数値が炭水化物になっておりますが、

炭水化物=糖質+食物繊維

で、食品中の食物繊維はわずかとのことなので、ここでは「糖質=炭水化物」と考えてよいそうです。(「医者が教える食事術」より)

 

 

個人的には、缶コーヒーよりも清涼飲料水の方が怖いっす。

特に夏場とか、汗かいて身体が水分を欲してる時とか。

飲んじゃうって、コーラやポカリって(´∀`=)

 

よこちゃん

液体にくれぐれも気をつけてください。

らぶどくん

オマエがな!

 

まとめ 「我々の身体の不調、糖質の取り過ぎが原因かも説」

てわけで、2部構成で長らくお送りしてまいりました。

「人体を壊すヤバい糖質ベスト5」

今回は後編でした。

 

 

前回も少し触れましたが、糖質は人間が活動するためのエネルギー源。

糖質が必ずしも”悪”ではないです。

 

 

ただ、知らず知らずの内に糖質を過剰摂取してしまうことが恐ろしい。

糖質過多な商品をファーストフード店やコンビニとかで、気軽に買えちゃうのがね。

トラップばかりの現代社会、みたいな(´∀`=)

 

 

疲れやすさ、眠気、不安、動悸、やる気が起きない、めまい、吐き気、頭痛、イライラする、目がちかちかする、、、

 

 

以上のような症状は「反応性低血糖」の症状だそうです。

もしかしたらその原因は”糖質の取り過ぎ”にある、みたいな。←僕はお医者さんでないので断定はできませんがw

 

 

最後に僕らが今からできる糖質の取り過ぎを防ぐ行動。

心掛けることを以下の3箇条にしてまとめます。

 

 

①(糖質量の)目安を守って

②ゆっくりとよく噛んで、少量ずつ食べる

③液体には特に気をつけろ!

 

 

よこちゃん

甘いモノが食べたくなったら、今日の記事をまた読みにきてください。

らぶどくん

いつでも戻ってこ〜い!

 

 

※今回の記事の参考図書はこちらです。

もっと詳しく知りたいって方は是非読んでみてください٩( ‘ω’ )و

↓↓↓

 

 

それでは今日はこの辺で。

ほなまたね〜、らぶど〜〜〜ん!

 

 

ABOUT ME
横田健一(よこちゃん)
昭和54年生まれ、石川県金沢市出身&在住の横ちゃんです。 当ブログは「中年の中年による中年のためのブログ」と称し、地方在住の中年おひとり様の実態、関心ごと、悩みごとをリアルにお届けしてまいります。合言葉は「笑う中年には福来たる」だ〜♪