らぶど介護

【40代からの介護士 #2】中年未経験の介護士デビュー!初出勤の日を振り返ってみる。デイサービス編

 

はい、お疲れちゃん。

横ちゃん(@yokota1211)です。

 

 

今回も前回に引き続いてですけれども。

43歳の僕が今年2023年から始めた介護の仕事について、

今回は、、、

 

 

介護未経験者の介護士デビュー

初出勤の日を振り返る

デイサービス編

 

 

ということで、僕が一番最初に介護士の仕事に就いたのが

デイサービス(通所介護)という、施設での介護でして。

初出勤の日を振り返ってみたいなぁって。

 

 

因みにその勤めることになったデイサービスさんからは、

僕が介護未経験であることから無理せずにという要望をされまして。

 

 

で、対する僕自身もですが、その時の僕はフリーター生活を1年以上しておりまして。

いきなり正社員でガッツリ働く意気込みまでは当時まだなくって。

 

 

という、お互いの思惑が一致してですね。

パート勤務からの始まりでした。

 

 

そもそも僕に介護の仕事ができるのか?問題ですよね。

とりあえず、一回やってみよう!的な。

 

 

よこちゃん

誰でも〜 最初は〜 初心者なんだから〜♪

らぶどくん

やったことないことも〜 やってみよう〜♪

 

 

で、因みになんでデイサービスを選んだのか?っていう話を少々。

僕が介護の仕事をする前に、介護職員初任者研修っていうのを受けたんですね。

↑介護の一番入門的な資格で、昔で言うとこのホームヘルパー2級の。

 

 

介護の仕事をする上での基本的な知識やスキルを学ぶ、みたいな。

それが介護職員初任者研修でして、一昨年2022年の秋から昨年2023年の1月まで受けまして。

↑これが座学が眠くってですね、、、ww

 

 

で、研修を受けた会社が運営している介護施設が勤務の募集をやっていて。

それでそのまま募集に乗っかったという、そんな流れですね。

 

 

そもそも僕自身が介護の仕事が未経験でして。

右も左も分からない感じでしたから。深い意味はなく、進められるがままにデイサービスに面接に行き、勤め出すという流れになりました。

 

 

ただコレだけだと、あまりにも話が雑というかw

もうちょっとだけ詳しくデイサービスを選んだ経緯を書きますね。

 

 

介護には大まかに言うと2つのジャンル。

施設介護と訪問介護

というジャンルがありまして。

 

 

イメージは読んで字の如くってことで。

てか色んな施設とかもありますし、それはまた今度ブログに書くとしまして(´∀`=)

 

 

で、僕は最初ですが訪問介護に興味があったんですね。

僕は初任者研修中もフリーターだったんで、相変わらずウーバーイーツの配達をやりながら。

なので、色んなお宅にデリバリー配達で訪問することが多かったですし。

 

 

そもそも性格的に、自分は一ヶ所にとどまるより、

いろいろと動き回るのが好きな気質なのかなぁって。

 

 

なので訪問介護の方は興味があるというか、

なんとなく面白そうだなぁって(´∀`=)

 

 

なのですが、初任者研修で教えてもらっていたある1人の先生から

「施設介護と訪問介護だと、男性がより求められているは施設介護だね」

っていう事を言われまして。

 

 

で、僕自身も何もわかってないんで、

ああそうなんだーっていう感じに思いまして。

 

 

あと強いて言うと、訪問介護では「食事を作る」とかっていう場面もあるらしいんですけれどね。

僕はご飯作るのは得意な部類ではないですしw

 

 

そういう話もあってですね。

まずは施設介護で働いてみよう!

という感じで、施設介護を選んだんですね。

 

 

で、ここからがようやく本題。←やっとこさ〜w

デイサービス、初出勤の日を振り返って来ますね。

 

 

当たり前かもなのですが、なんせ初日は緊張しましたね。

そもそも新しい職場ですし、てか約1年ほどフリーターをしていて社会生活自体がブランクありましたから。

 

 

新しい職場で緊張するっていうのと同時に、

介護の仕事自体が初めてですから。

 

 

で、実際に高齢の利用者さんと接することになるんですが、、、

緊張感というか、すごい気を遣う仕事だな(´∀`=)

っていうのが率直に思いました。

 

 

初任者研修でも実際に介護の練習するんですけども、それは受講者同士だったり。

あと先生に習ったり、練習では実際のご高齢の方と接することってないわけでして。

 

 

で、ご高齢の方と実際に手を添えながら歩いたりするとですね。

油断するとすぐに壊れちゃいそう〜、みたいな(>_<)

↑壊れるというかアレですが、転んだりケガしたり、、、的な

 

 

利用者さんの歩いたり、立ってる姿勢が不安定な方が結構おられまして。

あと人によってはめっちゃ細いなぁって、足や腕とか。

 

 

ちょっと転んだり、あと物にぶつかると、

すぐにポキって折れちゃうんじゃないかな

みたいな〜。

 

 

なので、常に気が抜けないというか、

油断ができないというか、、、

てかどんな仕事でも油断禁物ってのもあるんですけどね〜w

 

 

デイサービスに勤め出してから1ヶ月ぐらいは、ずっと気が重かったです。

週3〜4日ぐらいの勤務だったんですが、特に出勤の日の前日の夕方頃からは気が重かったですね。

 

 

いや現場に行ってしまえば、気が重いとか感じる余裕もないというか、、、

てか多分集中してたからでしょう。

 

 

集中してないと直ぐにやらかすぞ、オレ!

 

 

みたいな。

人生やらかしがちな僕ですが、やらかしたら即致命傷になりかねない、的な。

てか僕の致命傷ならともかく、利用者さんの致命傷になるって怖くて怖くて、、、

 

 

で、実際の介護の仕事の方ですが、業務上の細かな失敗はいっぱいありまして。

その都度、リーダーや先輩方からご指導を受けながら、でしたね。

↑衛生面だったりとか、身体介助のあれやこれや、みたいな。

 

 

てか介護未経験の僕ですから、難しい介助はほとんど僕には回ってこなくって。

そこはお手柔らかにっていう、職場リーダーの配慮も多々あったおかげで

って感じでして(´∀`=)

 

 

今んとこ僕は致命傷的ないというか、、、

むしろ慣れてきた頃に起きそうですけどね。

 

 

てか先輩の介護士曰く、介護をしてたら必ず事故や事件は起きるとのこと。

そこはもう、車の運転のような感じなんでしょうか(´∀`=)

 

 

あとデイサービス勤務の感想についても少々。

女性が多かった

ですね。これは介護士にしても、利用者さんにしてもですけれど、女性がとても多かったです。

 

 

そもそも日本人の平均寿命を振り返ってみると、女性の方が平均寿命が長いですから。

自ずと女性の方が多くなるのかなぁって、もちろん施設によっては男性利用者が多い施設もあるそうですけどね。

 

 

で、先輩の介護士も基本は女性ばかりでした。

先輩の介護士の皆さん、平時は優しかったですけどね。

 

 

ただ仕事モードに入ると厳しいというか、あたりがキツイというか、、、

言い換えると、それだけ真剣に介護の仕事に向き合ってるとも言える訳ですが。

 

 

 

 

 

先輩のありがたいお叱りを

事細かに頂きながら〜╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

 

 

てな感じで、最初は「外から戻ったらすぐに手を洗って」という基本的なことから。

「横田さん、〇〇さんをトイレに誘導して、そしたら、、、、」などなど

 

 

指示を仰いではその指示に従う。てか指示がバンバン飛んでくる感じ。

ひたすらその指示に従う、中年ルーキー介護士ね(´∀`=)

 

 

で、最初の2月ほどは僕は介護未経験者ということで。

施設の利用者さんを送迎するという仕事だけ、やることになりました。

あと利用者さんにお茶を出したり、ぐらいな。

 

 

朝の1時間半、もしくは夕方の2時間っていう仕事だけをやってました。

なので、本格的な介護っていうのは、ほとんどやってなくって。

 

 

その後にリーダーの方との面談があり、勤務3ヶ月目から。

入浴や食事の介助とか、あと午後のレクレーションだったりっていうのも、させてもらいながら、少しずつ携わる範囲が広がっていったって感じでした。

 

 

ただ今振り返ると、個人的には未経験の僕がいきなり正社員だったり、あとフルタイムのパート勤務でなくて良かった、と思ったりもします。

 

 

多分いきなりズッシリ勤務だったら、

僕は介護士としては、潰れちゃったかもしれないなってw

 

 

そんな感じで、43歳初めての介護士、デイサービス勤務。

最初はパート勤務で車の運転から、あとは徐々にできることを増やしながら、という感じのスタートでした。

 

 

介護士としてはロケットスタートではなく、

超超スロースタートでしたね〜、テヘヘ(´∀`=)

 

 

てな訳で、今日はこの辺りで。

それではまた、らぶど〜〜〜ん!

 

ABOUT ME
横ちゃん(横田健一)
昭和54年生まれ。石川県金沢市出身&在住の中年おひとり様、横ちゃんと申します。 詳しいプロフィールはこちらをど〜ぞ♪
関連記事ど〜ん♪