中年エッセー

「食の美味しさ」と「人間的な魅力」の感じ方は似ている、みたいな説。←を勝手に唱える中年。

Pocket

 

こんにちは。

中年ヤッホー、横ちゃん(@yokota1211)どす。

 

 

さてさて、今日のテーマは

「食の美味しさ」の感じ方

についてであります。食欲の秋、第2弾ですけども〜!

 

 

※前回の記事はこちら

 

 

 

で食べ物に関してですが、我々人間は基本的には美味しいものを好んで食べます。

美味しくないもの、まずいものは、どうしても避けがちになる的な。

 

 

では、そもそも「食べ物の美味しさ」って何なのか?

「食べ物の美味しさ」って、僕ら人間はどう感じてるのか?

 

 

実際はよくわかんなかったりします。

てか僕に関しては全く分かってませんでした。

食べた時の感情や気分に任せて、美味しいやら美味しくないやらをただ判断しているような。

 

 

よこちゃん

僕はどのタイミングで「食の美味しさ」を感じてるのか?

らぶどくん

今まで全くわかってなかった男!

 

 

で、今日の参考図書は前回も紹介した「一度太るとなぜ太りやすくなるのか?」という本になるんですけども〜。

↓↓↓

 

 

本書によりますと、

人が美味しさを感じる要因は沢山あるようなんですよね〜。

ズラッとこんな感じなようでして、、、

 

 

 

①味 ②におい ③食感 ④外観 ⑤音(そしゃく音)⑥情報、、、

 

 

 

以上なようです。

 

 

この中でも①の「味」と、②の「におい」が主体な部分だそうですが、

ただどうやら、その2つだけでもないようなんですよね。

人によっては「外観」がめっちゃ気になるという人もいるだろう、みたいな。

 

 

あと⑥の「情報」なども、美味しさの感じ方に関わってるようです。

てか「食の情報って何?」って感じかもですけども〜。

 

 

本書の例を挙げてみると、例えば

・「有名なシェフが作ったかどうか?」

・「テレビで話題になってるかどうか」

・「〇〇産」「国産かどうか」

・そのお食事のお値段は?

・思い出は?(楽しい思い出、苦い思い出とか)

みたいな情報が、我々人間の「美味しさの感じ方」に関わっているようです。

 

 

てかさっきも言いましたけど、感じ方は人それぞれで違ってきます。

人によっては「有名なシェフが作った食事だから美味しい!」が強めな人もいたり。

もしくは「お値段高い」=「美味しい」と考えがちな人もいたり。

 

 

てな感じで、本書の「美味しさを感じる仕組み」を読んでて

「食の美味しさ」と「人間的な魅力」の感じ方は似ているな〜。

って、僕は思ったんすよね(´∀`=)

 

 

人間的な魅力に関しても、美味しさと一緒で複合的に感じているのではないか。

内面や性格ももちろん大切ですけど、外見やら、肌感やら、その人の背景情報だったりとか。

色々と絡まり合って、僕らは人に魅力を感じてるのかなぁって(´∀`=)

 

 

よこちゃん

意識的にも、無意識的にも。

らぶどくん

あと婚活的にもかw

 

 

すみません、記事の着地が見えなくなってきました。

そろそろ締めます。

 

 

今日の話をサクッとまとめますと、僕ら人間におきまして、

食の美味しさを感じる要因は沢山ある!そして度合いは人それぞれ違う

てゆうこと。

 

 

で、個人的には、

「食の美味しさ」と「人間的魅力」の感じ方は似てそうだよなぁ〜。

って、思った次第であります(´∀`=)

 

 

よこちゃん

僕は店員さんの接客で美味しさが変わるタイプです。

らぶどくん

愛想がない店主とか、キツいよな!

 

 

とゆうことでございまして、今日はこの辺りでドロンであります。

ほなまた明日ね〜、らぶど〜〜〜ん!

 

 

 

 

※今日の参考図書をもう一度ど〜ん!

↓↓↓

 

 

ABOUT ME
横田健一(よこちゃん)
昭和54年生まれ、石川県金沢市出身&在住の横ちゃんです。 当ブログは「中年の中年による中年のためのブログ」と称し、中年世代の方々へちょこっとお役立ちしそうな情報を発信しております。合言葉は「笑う中年には福来たる」だ〜♪