中年エッセー

【後悔】原付たばこ野郎を見過ごした自分へ喝。

Pocket

 

ハロ〜!

横ちゃん(@yokota1211)だよ。

 

 

つい先日、原付で道を走ってたんすよ。

いつもの如くですけど〜。

 

 

背景的に言うと、会社の帰り道ね。

夏場は結構汗をかく仕事だから、早くシャワー浴びたいわ〜って。

 

 

どのくらいの状態かって言うと、

自分の体臭が汗でちょっと香ばしいのが自覚できるぐらいな。

中年ピ〜ンチ!ってぐらいの大変な香ばしさよ(´∀`=)

 

 

で、そんな汗まみれな僕が原付で走っていたのは片道2車線の道でした。

割と広めの道っていうか、金沢だと大通りの部類ですよね。←僕的にはですが。

 

 

ほんで、ある信号で赤信号だったんで止まってたんですよ。

当たり前の事なんですけど。

 

 

で、ここから本題よ。

↑まとめるのが上手い人はここまでのくだりはかっ飛ばすんだろうな〜(´∀`=)

 

 

僕の走っている車線の隣車線にも原付がやってきたんです。

丁度僕の真横に停まって、同じく信号待ちになったんです。

 

 

因みに、そのお隣さんは多分僕よりも年上っぽい、

40代後半〜50代くらいのおっさんでした。

ま、僕も同じくおっさんなんですけども〜♪

 

 

で、そのおっさん。

Tシャツ・短パン・サンダル、、、夏満開な姿なのはイイとして。

 

 

なんと、左手でタバコ吸いながら原付を運転していたんです。

もちろん、タバコの灰を道路に撒き散らして、、、、

 

 

 

 

 

 

モヤモヤモヤモヤ〜〜〜〜!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ってしました。

 

 

ようやく注意をしようと意を決した時には、時既に遅し。

信号が青に変わって、隣のおっさんはピューって感じで発進していきました。

もち、たばこを吸いながらね(´∀`*)

 

 

なんだろ、あん時すぐに一言ぐらい注意すれば良かったなって。

モヤモヤしてる時間があるんだったら、、、

なんか後になってすごい後悔しちゃって_| ̄|○

 

 

モヤモヤするぐらいなら、言っちゃえよ!って。

自分の気の小ささ、そして気の弱さに苛立ちを覚えました。

 

 

その後、家路までのドライブ。

僕の体臭、オッサン臭がさらに香ばしく感じました。

あん時言葉を飲み込んだ分、更にオッサン化したようね_| ̄|○

 

 

以上、見苦しい中年の夏のボヤキでありました。

てか、こんらいのサイズの話を身近に話せる人がいなくてね。

 

 

ここまで付き合ってくれたキミ、優しいよ!

どうもありがとね╰(*´︶`*)╯♡

 

 

んじゃ、今日はこれにてドロロン♪

らぶど〜〜〜ん!

 

 

ABOUT ME
横田健一(よこちゃん)
昭和54年生まれ、石川県金沢市出身&在住の横ちゃんです。 当ブログは「中年の中年による中年のためのブログ」と称し、地方在住の中年おひとり様の実態、関心ごと、悩みごとをリアルにお届けしてまいります。合言葉は「笑う中年には福来たる」だ〜♪