らぶどmusic

【おすすめXmasソング #1】稲垣潤一『クリスマスキャロルの頃には』【今日の曲紹介♪】

Pocket

 

今日も1日お疲れちゃん!

横ちゃん(@yokota1211)だよ。

 

 

もうじきクリスマス〜!ってことで。

中年おひとり様にはちょ〜っと世知辛さも感じるシーズンでもあります。

 

 

街のイルミネーションがめっちゃキレイなんだけど、、、ちょっと痛い。

みたいなw←オレだけ??

 

 

てな訳で、今日からは「横ちゃんがゆく!」クリスマス特集ということで。

中年横ちゃんのおすすめクリスマスソング

を紹介していくよん。←ちょい懐かしめなw

 

 

で、今日紹介するクリスマスソングはこちら。

どん!

 

 

 

 

 

 

 

 

稲垣潤一さん「クリスマスキャロルの頃には」

 

 

 

 

 

 

 

いきなりど定番きたね〜。

クリスマスと言えば、もうこの曲的な╰(*´︶`*)╯♡

 

 

この曲は1992年10月に発売された稲垣潤一さんの27枚目のシングル曲。

僕が中学1年生の時です、まだ中2病になる前だね(´∀`=)

 

 

てか、めっちゃ売れましたよね。この曲!

今wikipediaで調べてみたところ、

 

 

3週連続 週間ランキング1位(オリコン)

1992年11月度月間1位(オリコン)

1992年12月度月間1位(オリコン) 

 

 

ですって。

当時はどこもかしこもこの曲って感じで!

 

 

僕自身、この曲を知るまでは稲垣潤一さんを全く知りませんでした。

27作目なのにねw

 

 

てかこの曲、イントロの出だしからもう胸にジンジン来ます。

チャララララララン チャララララララン チャララララ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダッダダン!

 

 

 

 

 

 

 

的な。

文字化するのめっちゃむずいんですけど〜w

 

 

曲の歌詞に関しては、中学生だった当時はあんま理解してなかったですけども。

倦怠期の恋人同士がクリスマスまで距離を置いて、お互いの今後を見つめ直そうといった内容(wikipediaより)”

ということで。

 

 

個人的には恋愛における倦怠期って、あんま経験がないんですけど。

想像?妄想?、、、みたいなねw

 

 

因みに僕がこの曲で特に好きな歌詞んとこは

『近すぎて見えない支えは

離れてみればわかるらしい』

ってとこ。

 

 

なんすかね、僕は恋愛になるとどうも視界が狭くなるというか。

てか恋愛だけじゃないか、もう色々よ。

↑今も昔もw

 

 

稲垣さんの甘く切ない歌声、一度聴いたら耳から離れないサビの強力さ。

僕にとって、とても思い出に残ってるクリスマスソングの中の一曲です。

 

 

↑(ん〜、やっぱいい曲だなぁ〜!この曲が出てからもう30年、、、時の流れはやっ!)

 

 

↑(こちらは2009年に発売された広瀬香美さんとのデュエット版、デュエットもいいなぁ〜!)

 

 

Amazonミュージックでも聴けるので、

是非聴いてみてください(´∀`=)

 

 

 

それでは今日は以上でございま〜す。

ほなまたね、らぶど〜〜〜ん!

 

 

ABOUT ME
横ちゃん(横田健一)
昭和54年生まれ、石川県金沢市出身&在住の横ちゃんです。 横ちゃんの詳しいプロフィールはこちらをど〜ぞ。 当ブログは「中年の中年による中年のためのブログ」と称し、中年世代の方々へちょこっとお役立ちしそうな情報を発信しております。合言葉は「笑う中年には福来たる」だ〜♪