Mi自然エネルギー開発【PR】

【東京都大田区 水路巡り】六郷用水跡「雑木林のみち」を散策、水車もグルグル回ってたよ♪

Pocket

 

今日も1日お疲れちゃん。

横ちゃん(@yokota1211)だよ〜。

 

 

最近は青春18切符シリーズが続いておりますが、今回は

水路巡り散策

の回を差し込み。

 

 

今回は東京都大田区にある

六郷用水跡地

を見学しに行きました。

 

 

東京ってそもそも水路があるの?ぐらいの印象だったんですよね〜。

あんま農業ってイメージないですしw

 

 

でも調べてみると意外と多くって。

約30近くあって、我が地元石川県よりも多いんじゃね!!

みたいな(´∀`=)

 

 

で、今回行ってきた六郷用水ですけども〜。

1597年に開削され、多摩川を水源とした狛江(こまえ)市から世田谷区を通り大田区に至る用水路で、長さは23km。主に農業用水として使われていたそうです。

1945年に宅地化が進んで廃止となり、1970年代までに用水の大半が埋め立てられたそうです。

 

 

1597年ってことで、安土桃山時代。

戦国の頃から江戸初期に作られた用水なのか、、、歴史ながっw

 

 

現在、六郷用水の跡地は一部区間が湧水を使って再現され、遊歩道として整備されているそうです。

 

 

で、今回僕が散策したのが

六郷用水跡「雑木林のみち」

なんですけども。

 

 

桜がとてもキレイだし、鳥もさえずってるし、魚も泳いでるし、、、

全然東京っぽくな〜い、のどかさでした。

なんていうの、スロウな感じ(´∀`=)

 

↑(てことで、ここからは写真と共にサクッとダイジェストで♪)

 

当日は雨だったんで、その影響もあるのか人通りも少なかったです。

桜を見ながら、雨音がいい塩梅で心に染み入ってくるんですよね〜。

おひとり様には丁度いいシトシトさ、みたいな(´∀`=)

 

↑(水路の幅はこんなぐらいでした。)

 

水路の幅はMi自然エネルギー開発さんの

水路の異物除去装置「流守番(るすばん)」

も設置できそうだよなぁ、とか思いながら(´∀`*)

 

↑(お魚さんもウジャウジャいて、テンション上がっちゃいましたw)

 

因みにこちらのお魚はオイカワというコイ科の一種だそうです。

厳密に言うとオイカワとヌマムツの交雑種、もしくはオイカワとカワムツの交雑種なのだそうです。

わかりづらい、、、さかなクンに説明してほしい╰(*´︶`*)╯♡

 

↑(水車も動いていて、水流の音がとても心地よかったです!)

 

↑(水車は「ジャバラ」と呼ばれていたそうです。)

 

水車はジャバラと呼ばれ、早春や干ばつで水が少なくなった時に、

このジャバラで水路から田んぼに水を揚げていたそうです。

 

 

ジャバラっていうネーミングがいいですよね〜。

ジャンジャンバリバリ〜♪、みたいな。←って違うかw

 

 

 

てゆう感じで、今回は東京都大田区にある

六郷用水跡地

の模様をお送りしてまいりました。

 

 

現在は水路としては使われていないんで、水流自体はないんですけども。

昔の農村だった頃を想像しながら、あと自然を味わいながら、

ゆっくりとした時間を過ごせて、とても良いところだと思いました。

 

 

 

東急電鉄沼部駅のすぐ近くなので、行く機会があれば是非是非♪

あっ、前回の記事で書いた「桜坂」と目と鼻の先ぐらい近いですよ。

場所などググったらすぐ出てきますので、良かったらご一緒にど〜ぞw

 

 

てことで、また次回お会いしましょう。

らぶど〜〜〜ん!

 

 

ABOUT ME
横ちゃん(横田健一)
昭和54年生まれ、石川県金沢市出身&在住の横ちゃんと申します。 意識高い系の中年ブロガーです٩( 'ω' )و 横ちゃんの詳しいプロフィールはこちらをど〜ぞ。
関連記事ど〜ん♪